パダン粒剤4 の製品情報

 

guide

農薬ガイド

sds

SDS

qa

製品のQ&A

パダン粒剤4
殺虫剤
農林水産省登録 第11188号
種類 殺虫剤
毒性 劇物
危険物 非該当
有効年限 4年
規格  
【チラシ・技術情報】*画像をクリックするとチラシ(PDF)が開きます。
*データは2022年6月8日現在の内容です。

作物名で絞り込み:

作物名 適用
病害虫名
希釈倍数
(倍)
使用液量
/ 使用量
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 備考
アザミウマ類 3〜4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
イネツトムシ 3〜4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
コブノメイガ 3〜4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
サンカメイチュウ第3世代 4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
スクミリンゴガイ(食害防止) 4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
ニカメイチュウ 3〜4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
フタオビコヤガ 3〜4kg/10a 収穫30日前まで 6回以内
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内)
散布
稲(箱育苗) イネゾウムシ幼虫 80〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。
稲(箱育苗) イネドロオイムシ 50〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。 育苗箱:30X60X3cm、使用土壌約5L
稲(箱育苗) イネハモグリバエ 50〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。 育苗箱:30X60X3cm、使用土壌約5L
稲(箱育苗) イネミズゾウムシ 60〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。
稲(箱育苗) コブノメイガ 50〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。 育苗箱:30X60X3cm、使用土壌約5L
稲(箱育苗) スクミリンゴガイ(食害防止) 60〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。
稲(箱育苗) ツマグロヨコバイ 50〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。 育苗箱:30X60X3cm、使用土壌約5L
稲(箱育苗) ニカメイチュウ 80〜100g/育苗箱 は種前又は移植当日 1回
カルタップ剤6回以内(浸種前は1回以内、浸種後から移植時までの処理は1回以内)
は種前に育苗箱床土に均一に混和するか、又は移植当日に育苗箱中の苗の上から均一に散粒する。
だいこん キスジノミハムシ 4kg/10a は種時 3回以内
覆土後土壌表面散布
だいこん キスジノミハムシ 4kg/10a 生育期 但し収穫7日前まで 3回以内
株元散布
とうもろこし アワノメイガ 6kg/10a 収穫7日前まで 2回以内
株の上から均一に散粒する。
はとむぎ アワノメイガ 4kg/10a 収穫14日前まで 2回以内
散布
はとむぎ イネヨトウ 4kg/10a 収穫14日前まで 2回以内
散布
ひえ アワノメイガ 4kg/10a 収穫21日前まで 2回以内
散布
ふき フキノズイバエ 6kg/10a 収穫7日前まで 2回以内
散布
ふき(ふきのとう) フキノズイバエ 6kg/10a 収穫21日前まで 2回以内
カルタップ剤4回以内(水溶剤の処理は2回以内、粒剤の処理は2回以内)
散布
ほうれんそう ミナミキイロアザミウマ 6kg/10a は種時及び発芽揃時 2回以内
土壌表面散布および茎葉散布
まこもたけ ニカメイチュウ 4kg/10a 収穫75日前まで 3回以内
散布
効果・薬害等の注意
● 本剤を使用した場合には、チオシクラム又はベンスルタップを含む剤は使用しない。 ● 使用量に合わせ秤量し、使いきる。 ● 本剤は田水中で粒形が崩壊しなくても成分は速やかに溶出するので薬効に影響はない。 ● 本剤を本田に使用する場合、3cm前後の湛水とし、田面に均一に散布し散布後4〜5日間は湛水状態を保ち、散布後7日間は落水やかけ流しはしない。 ● 漏水のはげしい水田では使用しない。 ● 本剤をとうもろこしのアワノメイガに使用する場合、アワノメイガのふ化盛期に雄穂及び雌穂にもかかるよう株の上から均一に散布する。 ● スクミリンゴガイに対しては、食害防止効果を目的として使用する。本剤には殺貝効果がないので、水田以外の生息地には決して使用しない。 ● 本剤を箱育苗に使用する場合は次の注意を守る。 ○ 使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し所定の範囲内のなるべく低薬量で使用する。特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。 [移植当日に使用する場合] ○ 育苗箱中の苗の上から所定量を均一に散粒する。なお、葉に付着した本剤は軽く払い落とし、そのまま田植機にかけて移植する。 ○ 施用は必ず移植当日に行う。薬剤施用から移植までの時間が長いと薬害を生じ易くなるので、なるべく移植直前(2〜3時間以内)に施用する。 ○ 苗葉がぬれていると薬害を生じ易いので、散布直前の灌水はしない。 ○ 軟弱徒長苗では薬害のおそれがあるので、健苗に使用する。 [床土に混和する場合] ○ 床土に人工培土を使用する場合には予め薬害に対して安全性の確認されている培土を使用する。 ○ 播種前に育苗用床土に所定量の薬剤を均一に混和する。覆土への混和は行わない。 ○ 土壌の種類によっては育苗期間中に葉先枯れなどの薬害を生じることがあるので床土が下記のような土壌の場合には使用をさける。 ・火山灰性の畑土、山土(りん酸吸収係数2000以上のもの) ・砂土など有機物の含量の少ない土壌。尚、火山灰土、砂土など薬害を生じやすい土壌の場合でもモンモリロナイト(粘土の一種)に富む育苗資材を床土に5%程度混和することにより薬害を軽減することができる。 ○ 軟弱徒長苗では薬害のおそれがあるので、健苗の育成に努める。 ● 育苗箱に本剤を使用した苗の移植をする場合は次の注意を守る。 ○ 本田の整地が不均整な場合は薬害を生じ易いので代かきは丁寧に行い、移植後田面が露出したりすることのないように注意する。移植後は直ちに入水し、水深2〜3cm程度を保ち浅水はさける。 ○ 深植の場合には薬害を生じ易いので注意する。 ○ 本田が砂質土壌の場合や、漏水田、未熟堆肥多用田の場合は使用をさける。 ○ 移植後極端な低温や高温(30℃以上)が続くと予測される場合、あるいは冷水がかりなど低温障害が起こりやすい場所では使用をさける。 ○ ニカメイチュウに対しては早期栽培など、特に薬剤施用時期が早い場合や、ニカメイチュウ第一世代の発生が遅れた場合には十分な効果が期待できない。 ○ イネゾウムシに対しては主として本田でのふ化幼虫の密度を下げ次世代の成虫の加害を低下させることを目的として使用するものであり、越冬成虫に対する効果は期待できない。 ● スクミリンゴガイに対しては本剤の育苗箱処理は効果の持続が十分でないことがあるので、本貝に有効な本田処理剤や耕種的防除法との組み合せで使用する。 ● 本剤はつまみ菜、間引き菜に使用しない。
安全使用上の注意
● 蚕に対して長期間毒性があるので、散布された薬剤が飛散し、桑に付着するおそれのある場所では使用をさける。 ● 医薬用外劇物。取扱いには十分注意する。 誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせる。 本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受ける。 ● 本剤による中毒に対しては動物実験でL−システイン製剤の投与が有効であると報告されている。 ● 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受ける。 ● 本剤は皮ふに対して弱い刺激性があるので皮ふに付着しないよう注意する。 付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落とす。 ● 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用する。 作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをする。 ● 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しない。また、本剤を使用した苗は養魚田に移植しない。 ● 水産動植物(ドジョウ)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用する。養殖池等周辺での使用はさける。 ● 散布後または移植後は、水管理に注意する。 ● 直射日光をさけ、鍵のかかるなるべく低温で乾燥した場所に密封して保管する。
火災時の措置
●非危険物の場合:火災時は、適切な保護具を着用し水・消火剤等で消火に努める。 ●乳剤等危険物の場合:火災時は、適切な保護具を着用し乾燥砂・消火剤等で消火に努める。
漏出時の措置
●粉剤・粒剤・水和剤等固体・粉体の場合:漏出時は保護具を着用し掃き取り回収する。 ●乳剤・液剤等液体の場合:漏出時は保護具を着用し布・砂等に吸収させ回収する。
輸送上の注意
●移送取扱いは、ていねいに行う。
廃棄上の注意
使用量に合わせて秤量し、使い切る。空容器、空袋は圃場などに放置せず適切に処理する。
【A.希釈せずに使用する粉剤・粒剤等で、魚毒性が低い農薬の場合】
使用量に合わせて秤量し、使い切る。空容器、空袋は圃場などに放置せず適切に処理する。

【B.希釈せずに使用するフロアブル剤で、魚毒性が低い農薬の場合】
使用量に合わせて秤量し、使い切る。空容器は圃場などに放置せず、3回以上水洗し、適切に処理する。洗浄水は圃場等で使用する。

【C.希釈して使用する水和剤・水溶剤等で、魚毒性が低い農薬の場合】
使用量に合わせて薬液を調製し、使い切る。空容器、空袋は圃場などに放置せず適切に処理する。

【D.希釈して使用する液剤・乳剤・フロアブル剤等で、魚毒性が低い農薬の場合】
使用量に合わせて薬液を調製し、使い切る。空容器は圃場などに放置せず、3回以上水洗し、適切に処理する。洗浄水はタンクに入れる。

【E.希釈せずに使用する粉剤・粒剤等で、魚毒性が高い農薬の場合】
使用量に合わせて秤量し、使い切る。散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さない。空容器、空袋は水産動植物に影響を与えないように適切に処理する。

【F.希釈して使用する水和剤・水溶剤等で、魚毒性が高い農薬の場合】
使用残りの薬液が生じないように調製し、使い切る。散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さない。空容器、空袋は水産動植物に影響を与えないように適切に処理する。

【G.希釈して使用する液剤・乳剤・フロアブル等で、魚毒性が高い農薬の場合】
使用残りの薬液が生じないように調製し、使い切る。散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さない。空容器は3回以上水洗し、水産動植物に影響を与えないように適切に処理する。洗浄水はタンクに入れる。