農業TOP EYE

「農業TOP EYE」は、経営・農業機械・人材教育・販売などをテーマに、多彩な業界のキーパーソンにインタビューし、農業経営に役立つ情報をお届けするコーナーです。

このコーナーでは、昨年よりAIやICTなど先端技術を活用した「スマート農業」をテーマに、その代表的存在として普及が進む『農業用ドローン』を特集しております。

今回は、ドローンの世界的リーディングカンパニーDJI社の日本法人であるDJI JAPAN株式会社の農業ドローン推進部 マネージャーの岡田善樹氏にお話を伺いました。

長年培ってきた飛行制御技術と充実のサポート体制により、信頼性の高いドローンを農業の現場へ。

DJI JAPAN株式会社
農業ドローン推進部 マネージャー
岡田 善樹






取材日:2021年2月2日

まず御社がドローンに関わってきた経緯について教えてください。

DJIは2006年に、マルチコプターの飛行制御システムを手がけるメーカーとして中国で創業した、全世界での従業員数が1万人を超える企業です。

農業用ドローン事業は中国で2015年からスタートし、日本では2017年より本格的な展開をはじめました。2017年以前は、空撮用ドローンなどのコンシューマー向け製品がメインでしたが、現在は農業用をはじめ、測量、建築などの産業用ドローンの需要も大幅に増えているような状況です。おかげさまで農業用ドローンの分野で、日本国内の大きなシェアを占める位置まで成長することができました。

このページのトップへ

国内の農業用ドローンのユーザー層やニーズについてはかがですか。

薬剤散布の作業時間の効率化・労力の軽減を期待して、農業用ドローンを導入されるお客様が多いですね。社内のデータによると、お客様の平均年齢は45歳で比較的若い方が多く、作付規模で言うと10ha以上の大規模のお客様が多いようです。

お客様からは、「新しい技術を積極的に取り入れたい」「夏の暑い盛りに、動噴を背負って田んぼの中に入りたくない」といった声をよく聞くので、導入の背景には『最先端の技術や情報』『省力化』に対する強いニーズがあるように感じます。

このページのトップへ

御社の農業用ドローンの強みや他社との差別化ポイントについてはいかがですか。

弊社のドローン製品には2つの大きな強みがあります。一つは、「高度な飛行制御技術」で、もともとDJIは2006年からシングルローターのヘリコプター制御装置を手がけるなど、飛行制御の技術・ノウハウを蓄積してきました。こうした安定して飛行するための制御技術をベースとして、信頼性の高いドローン製品を展開しています。

もう一つは、「自社での設計・開発、製造」です。ドローン機体の設計・開発はすべて社内で行い、製造も一部分を除いてほぼ自社製造となっています。これにより、例えば部品の不具合が生じた際にもスピーディに対応し、機体のアップグレードに反映するなど、よりフレキシブルな顧客対応が行えます。

写真:高度な飛行制御技術を搭載した、農業用ドローンAGRAS MG-1(左)とAGRAS T20(右)
このページのトップへ

製品ラインアップを具体的に教えてください。

現在、弊社の農業用ドローンは大きく分けて2つのラインアップがあります。一つは農薬散布ドローンで、これは農薬や種子の散布に使用されています。もう一つはセンシングドローンと呼ばれるもので、作物の生育状況の確認に使用される製品です。

写真:センシングドローンP4 MULTISPECTRALの画像データイメージ

日本国内では、主に「AGRAS MG-1シリーズ」「AGRAS T20」という2つの農薬散布ドローンが普及しており、対象作物は水稲がメインです。ドローンを活用することで薬剤散布の効率化、労力の軽減を期待して導入されているお客様が多いですね。

また、センシングドローンについては、「P4 MULTISPECTRAL」という製品になります。この製品は、可視光のブルー、レッド、近赤外線など波長の異なる光に対応する6つのセンサーを内蔵したカメラを搭載し、各波長の反射率により植物の健康状態を判断できるマルチスペクトル画像収集が可能です。撮影により得られた画像データを活用し、作物の生育状況を多様な角度から分析することができます。

このページのトップへ

農薬散布ドローン「AGRAS MG-1シリーズ」「AGRAS T20」の特長やセールスポイントを教えてください。

「AGRAS MG-1シリーズ」と「AGRAS T20」のどちらも「AGRAS MG-1シリーズ」と「AGRAS T20」のどちらも

このページのトップへ