農業TOP EYE

「農業TOP EYE」は、経営・農業機械・人材教育・販売などをテーマに、多彩な業界のキーパーソンにインタビューし、農業経営に役立つ情報をお届けするコーナーです。

2020年の「農業TOP EYE」では、AIやICTなど先端技術を活用した「スマート農業」をテーマに、その代表的存在として普及が進む『農業用ドローン』を特集してまいります。

そのトップバッターとして、最先端の農業用ドローンの開発・販売とともに、生育診断や収量・食味アップのためのコンサルティングサービスを展開する株式会社ナイルワークスの代表取締役社長 柳下 洋氏にお話を伺いました。

空からの精密農業で現場の収益向上を実現し、日本の農業を最先端産業へ。

株式会社ナイルワークス
代表取締役社長
柳下 洋






取材日:2020年2月6日

まず、柳下社長がドローンに携わったきっかけ、御社創業の経緯についてお聞かせください。

柳下社長 私は以前、IT企業でソフトウェアの開発技術者として、長年AIに携わってきました。そしてあるとき仕事の関係で、米国のエレクトロニクス製品の展示会に世界で初めて出展されたフランス製ドローンの映像を見ました。それでよく調べてみたら、4つのプロペラの回転数をコントロールするだけで、3次元空間を自由に飛び回ることができることが分かりました。これは衝撃的でしたね。つまり、ドローンはハードが主役なのではなく、ソフトが主役なわけです。これなら自分がやってきたAIのノウハウを活かして、ソフト開発という閉じた空間から3次元空間へフィールドを広げることができるのではないか──そう思いました。そして、太陽の方向を向いて育つ植物は、上から観察するのが適切であるという考え方の元、農業に活かせるドローンを開発する会社をつくろうと決め、2015年に創業しました。(2015年は、柳下社長が55歳になられた年。55歳は柳下社長の考える人生の折り返し地点)社名の「ナイルワークス」は、エジプト文明でナイル川の水を利用して農業が発展していったことに由来しています。

このページのトップへ

御社はドローンメーカーとして、どのようなコンセプトで事業に取り組んでいらっしゃいますか。

写真:「Nile-T19」 安全性に配慮したプロペラガードは、創業当時からの一貫した設計思想に基づく

柳下社長 農業現場のドローンに対する直近のニーズとしては、いかに防除作業を省力化し、コストダウンするかということだと思います。また、農薬散布以外にも施肥や播種に活用したいというニーズも高いですね。

しかし、私たちは、薬剤・肥料散布や播種に用いるだけのドローンの開発・販売にとどまらず、収量や品質をより高め収益をアップさせるための生育診断やコンサルティングサービスを展開すべく、農業経営に一歩踏み込んだ「空からの精密農業」をコンセプトとした農業用ドローンのビジネスに取り組んでおります。

このページのトップへ

その生育診断やコンサルティングとは、どのようなサービスですか。

柳下社長 以前は、施肥や水管理など毎年同じように栽培管理していれば、安定した収量を得やすかったのですが、近年は、降水量、気温、日照量などが年毎に大きく異なることもあり、前年と同じ栽培管理では安定した収量や品質が得られないケースが多くなりつつあります。

そこで私たちナイルワークスでは、稲から30〜50cmという低空でドローンを飛行させ、農薬や肥料などを散布すると同時に、稲の生育状況を高精度カメラで記録したデータを蓄積。その膨大なデータを分析し、弊社が独自に開発した生育シミュレーションプログラムにより、めざす収量・食味を得るための生育診断・栽培管理コンサルティングを行うサービスを2023年から開始する予定です。

写真:写真左は「Nile-T19」の自動飛行のためのセンサー部。写真右は生育診断のための高精度カメラ(写真中央の黒い部分)
このページのトップへ

栽培管理コンサルティングのサービスについて、教えてください。

柳下社長 収量と食味に関する「予測と制御」により、より早く販売計画に反映することができ、大きなメリットにつながります。

また、制御という意味では、水管理と施肥の調整についてアドバイスを行うことで、食味と収量をコントロールできるようになり、気象の変化に応じた稲の栽培管理が行えるので、より収益性の高い稲作が期待できます。

このページのトップへ

どのようなアドバイスを行うのか教えてください。

柳下社長 農家さんには水管理と

このページのトップへ