農業TOP EYE

「農業TOP EYE」は、経営・農業機械・人材教育・販売などをテーマに、多彩な業界のキーパーソンにインタビューし、農業経営に役立つ情報をお届けするコーナーです。
今回から新たに、「地域農業の未来」をテーマとし、それぞれの地域の課題や取り組みを担い手に取材して特集してまいります。第1回は、全国稲作経営者会議の会長を務める千葉県山武市の古谷正三郎氏に、生産者組織トップとしてのビジョンや一生産者としての取り組みなど、「地域農業」について語っていただきました。

一人ひとりが農業、人生の柱をつくること。それが、地域農業の未来へとつながる。

全国稲作経営者会議会長
古谷 正三郎

プロフィール
以前は全国稲作経営者会議で青年部会長を7年間務め、昨年7月より同会議会長に就任。2013年からは千葉県山武市の農業生産法人(株)大地の恵みで、代表取締役社長を務める。他に、一生産者として、水稲20ha(ヒメノモチ、峰の雪)、ぶどう30a(シャインマスカット)を作付。

取材日:2022年7月13日

千葉県における農業の現状、課題について教えてください。

千葉と言えばだいこん、キャベツ、メロン、いちごなどの農産品が有名で、大消費地の東京と近接していることもあり、ご存知の通り農業産出額では全国屈指の農業県です。水稲に視点を絞ってみると、千葉は湿田地帯が多く、土地利用型農業としては小麦やだいずといった転作には向いておらず、以前から水稲しか作付けできないという稲作農家が多くを占めていました。

また、販売の面では、周知のように米価低迷が続いていることが、千葉の稲作経営においても課題になっています。相場を下げている要因の一つは私たち稲作農家自身。『安くても売り切ってしまう』というスタンスを続けている限り、米相場は上がらないような気がします。

このページのトップへ

そうした課題には、どのような対策が必要でしょうか。

全国稲作経営者会議会長 古谷 正三郎氏

農地における今後の対策として、こうした湿田を水稲以外の転作地としても利用できるように、排水対策などの土地改良を地域ごとに実施していく必要があると思います。すべての農地を土地改良するのは無理なので、残していくべき農地とそうでない農地を切り分けて、地域ごとに土地改良に向けて検討していくことが大切です。例えば、私が水田を経営する山武市では、一部の圃場の区画整備を街ぐるみで目指しています。水田では、水を引き込む「水口」の反対側に、排水用の「水尻」を設置するのが一般的ですが、この場合、かけ流しなどをする際には水口と水尻の開閉作業のために畦を歩いて往復する必要がありました。そこで、このムダな労力をなくすために、「水口」と「水尻」を同一側に設置できるような区画に整備しようという計画です。

また、販売面においては、大規模農家の意識改革だけではダメで、米生産のベースを支える中小規模農家や兼業農家の方々一人ひとりが、もっと"経営者"として、今後の展望を含めた考え方にシフトする必要があるのではないかと考えています。

このページのトップへ

「地域とスマート農業」という観点では、どのようなお考えをお持ちでしょうか。

千葉県でも水田での農薬や肥料散布にドローンを活用する生産者が増えてきました。また、GPS技術を活用したトラクターや田植え機の自動運転や直進アシストなどは、収量や生産性向上につながるので、経営状態に合わせて積極的に取り入れていくべきだと思っています。作業短縮で得られた余暇時間や省力できた労力を利用すれば、大規模化を進めていく上での力強い戦力になってくれることでしょう。

私が経営する農業法人 椛蜥nの恵みでも直進アシスト機能を活用したトラクターや田植え機を利用していますが、これら高精度な位置情報を利用するにはRTKと呼ばれるアンテナ基地局が必要です。私たちの山武市でもRTKがまだまだ整備されていないので、今後の整備に向けた取り組みが課題ですね。

※RTK= Real Time Kinematic(リアルタイム・キネマティック)
地上に設置した、基地局の位置情報データによって、より高い精度の測位を実現する技術

このページのトップへ

会長ご自身の農業経営スタイルについて教えてください。

全国稲作経営者会議会長 古谷 正三郎氏

私の家系は五百数十年続く農家の家系で、全国稲作経営者会議の初代会長でもある私の父の農業経営を引き継いだのが28歳の時でした。就農以来、米の直接販売の販路を開拓してきましたが、2009年には共同創業者である現相談役と2人で加工用米(もち米)の販売を手がける椛蜥nの恵みを設立しました。現在では県内農家50戸と連携して年間約5万俵を販売し、餅や煎餅の加工会社などの実需者と取引をしています。

加工用米に目をつけたのは、

このページのトップへ